太っているのは足裏が硬いから?

祝!6年目!

4月11日で6年目突入!

おめでとうございます。

職歴の中で1番長くなりました。

 

消防士5年半

飲食1年

ニート半年

介護福祉士5年

 

計算合ってます?

 

ざっくりですw

長年の疑問が解決!

さて、整体ダイエットトレーナーとして活動し始めて、ずっと思ってたこと。

 

太っている人の身体的特徴として、

お腹に力が入らない。

足裏、足首が硬い。

足指の動きが悪い。

脱力できない。

これなんでかな?と、ずっと思っていました。

 

で、最近やっと解決しました!

 

靴の影響はめっちゃあると思います。

座る時、足裏をつけない人が結構いらっしゃるので、これも原因だと思います。

足裏がうまく使えないと、土踏まずのアーチが機能せずに、かかとで着地。

衝撃はダイレクトに上に伝わり、腰や肩なんかに影響を与えます。

足裏が肩こり、腰痛の原因だったりもします。

 

当店では、足裏のトレーニングと同時進行で肩や腰も緩めていくので、元の状態に戻るということはなかなかありません。

 

話を元に戻すと、足裏がうまく使えないことにより、歩き方、立ち方、全てに影響して、動きが小さくなる→カラダを支えるため、筋肉が筋肉が緊張して力む→姿勢を保つために筋力を使ってしまい、運動時の消費エネルギーが減る→結果、太る

という流れではなかろうか?という結論です。

 

まずは、足裏をほぐすところから始めましょう!

片手で踵、反対の手で足全体をつかみ、ネジネジ!

 

その後は靴の見直しですね!

ソールが平らで柔らかいもの、履いたときに裸足の感覚に近いものがオススメです。

☆ダイエット×整体☆
のサービス内容

▸詳細はこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です